kcua.print 木村秀樹先生レクチャー・6月22日 忍者ブログ
京都市立芸術大学版画専攻Information
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

台湾に行ってきました。 2010年5月22日~27日にかけて台北にある、台湾国立師範大学を会場に、 版画の展覧会とシンポジウムが開催され、参加しました。 タイトルは「現代版画的走向」=現代版画の未来形、ほどの意味でしょうか? 企画主体は「台湾国立師範大学、版画研究室」を中心とした版画関係の大学人と作家たちです。 参加国は、ホスト国台湾に加えて、日本、中華人民共和国、大韓民国、カナダ、シンガポール、計6ヵ国でした。 シンポジウムでは、木村は「版画とコンピュータ」というタイトルで90分のレクチャーを許されましたが、ヴィレム・フルッサーの「写真の哲学のために」という著作の紹介を軸に、現代版画におけるコンピュータ使用の意義を、6人の日本人作家の実践を紹介しながら考えてみました。同行の大嶋成己君はレクチャー終了後、コメントを発表しました。 6人の日本人作家とは、橋本文良、倉地比沙支、濱田弘明、大嶋成己、吉岡俊直、と私です。うち5人は展覧会に実作品も展示しました。 台湾のお国柄というのでしょうか、台湾人気質というのでしょうか、ゲストに対する歓迎ぶりは半端ではなく、連日連夜の接待に肝臓ぼろぼろになりながらも、貴重な機会を次ぎに繋げるため、国を越えたネットワーク作りに頑張ってきました。 ちなみに台湾で行った木村のレクチャーは、6月中に授業の一環として再演する予定です。  

PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/15 jiydxldbll]
[08/15 puodmwdixn]
[08/14 pavybjdwqk]
[05/07 idzgccgxag]
[04/12 myvvlhpyad]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kcua.stuff
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

忍者ブログ [PR]